簿記2級は独学で得られる資格|カリカリ勉強方法

自分のペースで学ぶこと

勉強する女性

1年間に3回の試験です

簿記2級は、日本商工会議所が実施している検定試験です。2月・6月・11月の年3回に渡って開かれていて、多くの受験者が申し込みをしています。これらのデータは日本商工会議所のホームページを見れば、細かく知ることができます。急ぐ必要が無いのであれば、まずは簿記3級から受験をしてみるというやり方もあります。簿記3級は経理の初歩から学ぶことができ、試験の難易度も簿記2級に比べれば、かなり抑えられています。簿記について全く知識が無いというのであれば、まずは簿記3級の合格を目標にすると良いでしょう。簿記3級と簿記2級の試験日は同日ですので、同じ日に2つの試験を受験することも可能です。こうした点も参考にすると良いでしょう。

商業と工業簿記があります

簿記2級の内容は、簿記3級に加えて、「工業簿記」というジャンルが追加されます。工業簿記は燃料や資源などを投入した際の計算を行うものです。最初のうちはなかなか慣れないので大変かと思われますが、基本的な問題からゆっくりとやっていくと良いでしょう。経理という職業は、どんな業界に所属している会社でも、ほぼ必ず置かれているポジションです。就職・転職サイトでは経理職についての特集が組まれている場合もあります。会社によって求められる能力は様々ですが、応募の際に「簿記2級以上」という条件を設定している会社もあります。経理について学んでおくことは、将来的に社会人として生活をしていく上で、決して損にはならないことです。自分のペースで勉強を進めていきましょう。