簿記2級は独学で得られる資格|カリカリ勉強方法

効率よく学べるのが通信

電卓を持つ男性

簿記2級は、頭で理解しながら学習することと、過去問を中心とした問題を解く訓練を行うことで十分に独学で合格することができる資格です。教材選びや、読むだけの学習は苦手という方は、通信講座の受講も考えてみましょう。安価で実績豊富な通信もありますので、短期学習での合格も十分に可能です。

Read More...

自分のペースで学ぶこと

勉強する女性

簿記2級は、日本商工会議所によって1年間に3回行われている試験です。簿記3級に工業簿記を加えたものが出題範囲となっています。経理職はどんな会社にもほぼ必ず置かれている職種です。経理について学ぶことは、決して損にはならないでしょう。

Read More...

近年人気の資格

学習

近年、通信講座などを使い、独学で資格取得を目指す人が増えています。様々ある資格の中で、近年人気を集めているのは「簿記2級」の資格です。簿記2級は、中小企業程度の会社における、会計や財務の知識がある、と定義づけされています。そのため、簿記2級はこれから社会人となる学生などにとっては、就職も有利になると言われている、大変魅力あるものです。また、経理などを任されやすい女性からも、資格を持っているとその職に就きやすい、ということもあり、人気を集めています。しかし、何も知識のないところからいきなり独学で勉強を初めて理解出来るのか、といった不安があると思いますが、大丈夫です。簿記2級は、独学でも十分勉強することが出来ます。その理由とは、2級に限らずに言える「簿記の性質」に影響しています。

簿記は、数字を扱うことから数学のようなものと思いがちですが、実はまったく違います。どの教科にも分類されない非常に特殊なもので、会社での商品売買を、お金の流れと共に「借方」「貸方」に仕訳をし、そして、商品の取引一覧を表や帳簿で表す、といった作業が基本となります。この「仕訳」が、最初はとても難しく感じると思いますが、逆に「仕訳」の構造を理解してしまえば、その他の知識もすらすらと入ってくるようになります。そのため、あらかじめ簿記3級を持っている人などはとても有利です。2級は、3級の仕訳をより複雑にしたものと、さらに工業簿記が合わさったものであるので、工業簿記を習得してしまえば、比較的簡単に理解を深めることが出来ます。重要なのは、「仕訳」という商品の流れをつかむこと、これが一番の独学のポイントであると言えます。もしわからなくなった際には、自宅勉強を支えるネット講師などの力を頼っても良いでしょう。ネット上のテキストやテストでやりとりを行い、自宅にいながら疑問を解消することが出来ます。テキストやこれらのサービスを活用することで、合格に一歩近づくでしょう。

日商簿記の出題が変わる

計算

日商簿記2級の出題範囲が変わります。出題範囲について変更された新しい教材を準備してくれるスクールや通信教育を活用しましょう。仕事などで忙しい人には、通信教育がオススメです。実際に多くの社会人が利用して日商簿記2級を学んでいます。

Read More...